Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.01.28 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

-

最近 想い出すこと

 

この日記、TLには公開しませんヾ(* ´∀`)ノ

こっそり、ぷらっと覗きに来た方が「ふぅ〜ん」って感じで見てくれればおkです!

無料登録の方だと、ジュゲムは鍵がかけられないので、あれですね、ちょっと不便です(´・ω・`)w




さて、最近というか、ここ2カ月くらいですが
すごくよく想い出す記憶があります。


たぶん、あたしが21年間生きてきて、初めての裏切りで親しい人には絶対に言えない
むしろ、言えなかったのが正しいのかもですが・・・
そんな記憶です。



で、その想い出の品がとあるCDなのですが・・・
それが、こちら。
思い出の品



これ、ディズニーの曲をロックテイストにアレンジしたアルバムなんです。
んで、実はこれと同じものを高3のクリスマスにとある方から頂きました。


自分が当時付き合っていた人と、時間軸の差でぎくしゃくし
一緒にいるのが苦痛だった頃、出会った人でした。


その人とは、結構びっくりするような出会い方で

当時自分が通っていた高校の近くの郵便局に勤務する、2つ年上の方でした。
その方を、少し前からかっこいいなぁ〜程度で見ていた時に
あたしの母と、彼の母親が元同僚ということを知り、
仲のよかったクラスメイトの部活の先輩だったということを知り
何を思ったのか、自分には相手がいたのにあたしは彼女に、
その人のアドレスを教えてもらっていたんです。



そこから、少しずつ会うようになり、母から彼がどうして大学にいかなかったか
どうして今郵便局で働いているのかをこっそり聞いて
たまに会って、悩みを聞いてもらったり、たわいない話をしたりしていました。

そこから、少しずつ気持ちが揺らいでいて、でも、彼の車のいたるところに見える
“彼女”の存在に気付いていて・・・。




そんな時にクリスマスの約束を仕事でドタキャンされ、
彼に連絡していました。

その人に上げる予定だった、黒いマフラーを持って会いに行って

名目は、「いつもお世話になっているので、お礼に。」
そして、ちゃんと、「彼女さんに悪いから、もしいらなかったら後で捨ててください」
と言葉を残しておきました。
今考えれば、彼女のいる人に自分は何をしてるんだって、んで、自分も彼氏がいるのに、何をしてるんだよっていうw


で、お返しにってもらったのが、あのCDでした。


「何も用意してないから、変わりに。なんか中古っぽい感じするけど、ごめんな。」

って。

その時のあたしは、若かったからなのか、もうすでに落ち着いてしまっていたからなのかわかりませんが、泣きそうなほど嬉しかったんです。


そのCDが、彼にとって大切なものだって分かっていたし、聞いていたから、余計嬉しかったんですね。
高校の時に買ったCDで、その時からずっと持ってて車に置いておくほど好きなんだって、彼が前話してくれたんです。

そのCDを今自分が手にしていることが、何よりも嬉しかったんです。


「これ聞いて、受験頑張んな!」って、ちょっと強めに頭を小突いてもらったのが嬉しくって、泣くのこらえて、「わかってますよ!」なんて言ってて。

今でも鮮明に思い出せるくらい、あたしの濃い記憶です。

その時、初雪が降ったとか

外にいると息がまっしろになるくらい寒かったとか

白いワンピースを着て行ったとか

「今日は大人っぽいねw」なんて言ってもらったとか

寒いから車乗ろうって言ってくれたとか

少し遠回りして帰ろうって言ってくれたとか

近くのコンビニで一緒におでん買ったとか

大根1つ半食べて、ちょっと怒られたとか

知り合いの車が止まってて、彼が面白そうに「勘違いされたら、ごめんなぁ〜w」って言ったとか

あたしが「あたしこそ、ごめんなさいですよ〜w」って言ったこととか

それを彼が「・・・俺は、別にいんだけどねぇ〜」ってボソっと言ったとか

それを聞こえてないふりして「え?」って聞きかえしたあたしだったりとか

別れ際に、また「頑張れよ」って言ってくれたりとか





好きで、大切で、憧れで、大きな器の人で
たぶん、向こうにも気持ちはあったと思う

そんな気がした。

でも、好きって言っちゃダメな人だって分かってたし
好きって言っちゃいけないって分かってたし
困らせちゃいけないって分かってたから

言えなくって、言いたくなくって、その時のままがよくって

結局言わなかった。


ただ、そのCDを見る度に、中を開けてかすかに香るその時の彼の車の匂いだとか
そんなのをずっと忘れられずにいて

少し時が経って、あたしも新たに恋をして
CDのこともどこか奥の方にいってしまって・・・。

4月辺りだったかな・・・
ホテルのバイト中に披露宴でこのCDに入ってる曲のある1曲が流れて
無性に想い出して・・・。


引越しの時に割れてしまったのも、一緒に想い出して・・・。

なんだか、少し寂しくなってしまったりも・・・。


でも、その時はそれが薄れるくらいの悩みもあって、もがいてて
わけがわからない時もあるくらいで・・・。



少し落ち着いた今、新しく買ってみて改めて聞いてみて
やっぱりあの頃のことを思い出して

「あぁ〜、若かったなぁ〜」って思ったりw



きっと、あたしのしたことは浮気だし、弁解の余地もないことだと思う。
でも、半年間の小さな頃のあたしの大切な想いだったりもする。



どこまでを浮気と定義していいのか、それは人それぞれだと思う。
絶対しちゃいけないことだけど、でも、どこかで皆浮気はしてる気がする。
ただ、それだけを否定するならきっとすごく簡単なことだと思う。
だけど、してしまった本人はその時の気持ちを否定してしまってはいけないと思う。
だって、どんな状況だったとしても、大切な気持ちだし
大切な経験だと思うから。


今まで、こんな事実、誰にも言えなかったのは、
自分の中で一生懸命言い訳を考えていたからだと思う。
一生懸命、自分を正当化させたかったからだと思う。



浮気は絶対だめ。


それはそうだけど、浮気した本人はちゃんとそれを認めなきゃいけないと思う。
認めたうえで、何が今一番自分に大切なのか、ちゃんと考えて
ちゃんと受け止めないといけないと思う。




過ちは、どうしたって過ちのままだけど
そのあと自分がどうするか、どう考えるかで
その先の事も、周りも変わっていくと思う。






今だったなら、彼に言えるかもしれない。


憧れてました。
好きでした。
あの時、色んな想い出を、ありがとうございました。






ほんとは、この記事上げるの怖かったんです。
でも、あの時の自分を否定したくないから、上げてみました。
きっと、反応は様々なんでしょう。
まとまりのない文章ですし。
でも、どことなく自分がスッキリしているので、今はそれでいいかなって思います。


さて、当分は恋愛より、自分を磨くことに専念したいな。
  • 2011.07.02 Saturday
  • 17:49

-

スポンサーサイト

  • 2012.01.28 Saturday
  • 17:49
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
プラっと更新してるかたまに見に来てる通りすがりの文ちゃんです。
チカ姉の決心の形しかと受け取ったよ。俺は浮気じゃないと思うけどチカ姉のことが大好きだよ!ずっと仲良くしたいし仲良くして欲しいかな(*´ω`*)
自分磨き頑張れ!
  • 通りすがりの文ちゃん
  • 2011/07/02 10:25 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback